>

どのタイミングで歯医者さんに?

みなさんが歯医者さんに行こうと考えるのはどのタイミングでしょうか。
もしかしたら多くの方が、歯が痛くなってから、と答えるかもしれません。
しかし多くの疾病においても同じように、症状が出てからでは遅い場合があります。
歯は皮膚のように自然治癒ということはあり得ませんので、治療となればどうしても虫歯となった部分を取り除く必要が生じます。
歯の治療痕は適切なメンテナンスを受けないと、自前の歯よりも状態が悪くなりやすくもあります。
そうなってしまえば口腔内の健康を保つのにさらに注意が必要になってきます。
そんな状況にしてしまわないためにも、予防歯科という観点での定期検診が必要なのです。
自分でのメンテナンスだけでは対処できないこともあるからです。

口腔内の健康が及ぼす影響

口腔内で問題となるのは虫歯だけではありません。
歯肉炎や歯周病といった、自分では判別が難しいものもあります。
また、どんなにきれいに口腔内を保っていたとしても、歯石がつくことは抑えられません。
自分では取り除けないので、プロの手で除去してもらう必要があります。
そうした点検はこまめに行なっておかないと、気がついたときには大きな症状になってしまったり、治癒に多くの時間を要するようになってしまったりもします。
食が体を作りますので、食べ物を摂り入れる口はとても大切です。
もし必要な栄養を摂るのに不自由が生じるなら、もちろん体全体がほどなく立ち行かなくなるでしょう。
そう考えると口腔内の健康を保つ、というのは、自分の健康寿命を延ばすことでもあるのです。
それによって生涯かかる医療費も低めに抑えることが可能になります。


定期検診ではどんなことをするか

この記事をシェアする