>

虫歯の発生を抑えるには

おそらく多くの方が日に何度か歯を磨いて、口腔内を清潔に保とうとされていることでしょう。
その良い習慣が歯の健康を維持していることは間違いありません。
ですがそれでも虫歯ができてしまうことはありえます。
少しでも発生率を下げるために、ぜひ自分でできる対策はとりたいところです。
虫歯の原因となるもののひとつはやはり食べ物で、口腔内に長く飲食物がとどまっていることにより、虫歯のエサとして働いてしまいます。
ですので食事後にすぐ歯を磨くことができないとしても、なるべくうがいなどの手段で口腔内を清潔に保つことが望ましいです。
口の中に食べ物が残っている状態は、口臭の元にもなりますので、ぜひこまめなケアを心がけましょう。

歯を磨くだけでは不十分

歯並びは人それぞれですので、やはり虫歯になりやすい部分も違います。
ですので磨き方にもそれぞれの工夫が必要ですが、どんな方でも採り入れていただきたいメンテナンス方法のひとつが歯間ブラシです。
これはその名の通り歯と歯の間を清掃するものですが、歯茎のひきしめにも効果が出やすい優れものです。
ピック状のものや、楊枝の形状のブラシ、またフロスと呼ばれる糸などのいろいろな種類がありますので、一番用いやすいものを使うのがいいでしょう。
それによって歯ブラシでの歯磨きだけでは除ききれない小さな食べ物のかけらを、口腔内から取り除くことができますので、少なくとも就寝前の歯磨きのときには採用したいメンテナンス習慣です。


歯を定期的にメンテナンスするメリットとは?

この記事をシェアする